2011年09月05日

沖縄民謡溢れる国際通り。


 かなり久々のブログになってしまいました。

CRT栃木放送の「古田佳子 和楽囃子が聴こえる」は毎週土曜夜7時30分に
時間を移して放送中です。
ぜひみなさんお聴きください。

PODCASTで聴いていただいている方も多いようでありがとうございます。

さて、仕事で沖縄に行くことが多いのですが那覇の国際通りには沖縄民謡を
聴けるお店がたくさんあり素晴らしい状況だと思います。
夜歩いていると店の奥から聴こえてくる生の沖縄民謡に心躍ります。
日本中どこを探してもこんな通りはないでしょう。

僕が初めて国際通りを訪れた15年ほど前にはライブハウスはあったのですが
民謡ライブをやっている居酒屋などはほとんどなかったと記憶しています。

現在は多くのお店で民謡ライブが見れるのですが、ただ見る、聴くということ
だけではなくお客さんも囃子やカチャーシー(踊り)で参加できるような趣向
をこらしているお店もあり、本当に楽しい時間を過ごせます。
唄と三味線の二人でやっているところが多いようですが、20代の若者が多い
ようです。これも素晴らしいですね。

そして国際通りを離れると地元向けの民謡酒場があり、ベテランの唄者がじっくり
と素晴らしい唄を聴かせてくれます。

このように民謡がすっかり定着しているように見える沖縄ですが、20年近く前には
特に若い世代にとって民謡は古くさいもの、という意識があったそうです。

ところがTHE BOOMの島唄のヒットにより、島唄(沖縄民謡という意味での)や
三線かっこいい、というように意識が変わり、小学校でのかんから三線作りなど
が行われるようになったということです。

今の沖縄には古典の民謡をやる若者もいますし、ポップス、レゲエ、テクノ、
ロックなど様々な音楽に沖縄民謡の要素を取り入れて活動する人たちがたくさん
います。

エイサーも盛んですね。

こういった状況は栃木に生まれ住み続ける僕にとってとても羨ましいもので
僕のユニット、WARAKUで西洋音楽と民謡をミックスしているのもこうした
沖縄の音楽からインスピレーションを受けている部分も大きいのです。

それにしても、若者が沖縄民謡に誇りを持ち、自分たちの感覚で表現し、
新しい音楽を作り続けている様は本当に素晴らしい。

ぜひ栃木、関東、内地からもこうした若者が現れてほしいと思います。

僕にできることであればサポートしたいと思います。



■□■□■□■□■□■□■□■□■
佐藤敏幸

生まれも育ちも栃木県宇都宮。
音楽クリエイター

「古田佳子 和楽囃子が聴こえる」PODCAST
http://crt-radio.blog.ocn.ne.jp/waraku/

こちらで WARAKUの音源聴けます。
http://www.myspace.com/warakuworld

■roots:TEL 028-622-9800 http://roots-web.net
 栃木県宇都宮市大曽2-7-40 

■佐藤敏幸ブログ http://ameblo.jp/sato-toshiyuki/

■e-mail coomail★nifty.com
     ★を@に変えてください。







posted by coo at 20:46| 栃木 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月20日

募金ありがとうございました。


 東日本大震災で被災した皆様に心からお見舞い申し上げます。

このブログでもお知らせしていましたが、10月の奄美水害に対する義援金は2月20日に締め切り、合計で78529円が集まり2月末日までにあまみエフエムの義援金口座に振り込ませていただきました。

78529円の内訳は

37600円 ハーモニックアースで集められた義援金
20000円 新聞を見た方からの義援金
 5999円 月の場で集められた義援金
13000円 Forest Hamonyで集められた義援金
 1930円 安心なたべもの屋さんで集められた義援金 

 となっております。
ご報告をと思っているうちに東日本大震災が起ってしまい遅くなってしまいましたが本当に皆様ありがとうございました。

今後も奄美の復興、東日本大震災からの復興、原発事故の収束を心から祈り、自分にできることをしていきたいと思っております。





■□■□■□■□■□■□■□■□■
佐藤敏幸

生まれも育ちも栃木県の宇都宮。
音楽クリエイター
WARAKU ギタリスト
CRT 栃木放送で古田佳子と番組もやっています。

「古田佳子 和楽囃子が聴こえる」
毎週土曜  PM6:30〜7:00 再放送:毎週火曜 PM10:30〜11:00 
メイン周波数  1530kHz

「古田佳子 和楽囃子が聴こえる」PODCAST
http://crt-radio.blog.ocn.ne.jp/waraku/

こちらで WARAKUの音源聴けます。
http://www.myspace.com/warakuworld

*Twitter やってます。ぜひフォローしてください。
 http://twitter.com/coomail

■roots:TEL 028-622-9800 http://roots-web.net
 栃木県宇都宮市大曽2-7-40 
■佐藤敏幸ブログ http://ameblo.jp/sato-toshiyuki/
■e-mail coomail★nifty.com
     ★を@に変えてください。


タグ:奄美 水害
posted by coo at 15:23| 栃木 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月17日

声者と唄者


 CRT栃木放送のラジオ番組「古田佳子 和楽囃子が聴こえる」の中で僕は夏頃から奄美島唄や奄美のPOPアーチストの曲をたくさんかけてきました。

朝崎郁恵、中村瑞希、カサリンチュ、中孝介、元ちとせ、里アンナ、
サーモン&ガーリックなどなど。(敬称略)

奄美の音楽は本当に素晴らしく、栃木や全国の方にそれを伝えたかったからです。

特に島唄は多くの日本民謡が失ってしまった大切なものを持ち続けており今も輝きを失っていません。

僕が奄美島唄で大好きなエピソードに声者(くいしゃ)と唄者(うたしゃ)があります。意味は以下のとおりです。

「ただ声がいいだけの人や唄が上手いだけの人は『声者(くいしゃ)』と言います。
 島唄を上手に唄い曲や歌詞をたくさん知っていて、その意味や時代背景までも
 熟知している人のことを『唄者(うたしゃ)』と言います。」

人前で歌うとなれば唄が上手くて当たり前。
でも、そこになにも感じなければ人はもう一度聴きたいとは思わないでしょう。

あなたは声者と唄者、どちらを目指していますか?

僕は島唄でも日本民謡でも、何か伝わってくるものがある唄はもしそれほど上手
じゃなくても聴きますし拍手を送りたくなります。





*奄美では10月の豪雨災害で大きな被害を受けており島が一丸となって復興に向けて頑張っています。ラジオでもお知らせさせていただきましたが今一番必要なのは義援金と声援です。
あまみエフエムでは義援金を募り、必要と思われる島内の各市町へ届けられます。
困った時はお互い様。あなたの善意を是非奄美へ。

振込口座はこちら。
http://amami1020.npo-d.org/gienkin.html




■□■□■□■□■□■□■□■□■
佐藤敏幸

生まれも育ちも栃木県の宇都宮。
音楽クリエイター
WARAKU ギタリスト
CRT 栃木放送で古田佳子と番組もやっています。

「古田佳子 和楽囃子が聴こえる」
毎週土曜  PM6:30〜7:00 再放送:毎週火曜 PM10:30〜11:00 
メイン周波数  1530kHz

「古田佳子 和楽囃子が聴こえる」PODCAST
http://crt-radio.blog.ocn.ne.jp/waraku/

こちらで WARAKUの音源聴けます。
http://www.myspace.com/warakuworld

*Twitter やってます。ぜひフォローしてください。
 http://twitter.com/coomail

■roots:TEL 028-622-9800 http://roots-web.net
 栃木県宇都宮市大曽2-7-40 
■佐藤敏幸ブログ http://ameblo.jp/sato-toshiyuki/
■e-mail coomail★nifty.com
     ★を@に変えてください。



posted by coo at 14:57| 栃木 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。