2010年12月17日

声者と唄者


 CRT栃木放送のラジオ番組「古田佳子 和楽囃子が聴こえる」の中で僕は夏頃から奄美島唄や奄美のPOPアーチストの曲をたくさんかけてきました。

朝崎郁恵、中村瑞希、カサリンチュ、中孝介、元ちとせ、里アンナ、
サーモン&ガーリックなどなど。(敬称略)

奄美の音楽は本当に素晴らしく、栃木や全国の方にそれを伝えたかったからです。

特に島唄は多くの日本民謡が失ってしまった大切なものを持ち続けており今も輝きを失っていません。

僕が奄美島唄で大好きなエピソードに声者(くいしゃ)と唄者(うたしゃ)があります。意味は以下のとおりです。

「ただ声がいいだけの人や唄が上手いだけの人は『声者(くいしゃ)』と言います。
 島唄を上手に唄い曲や歌詞をたくさん知っていて、その意味や時代背景までも
 熟知している人のことを『唄者(うたしゃ)』と言います。」

人前で歌うとなれば唄が上手くて当たり前。
でも、そこになにも感じなければ人はもう一度聴きたいとは思わないでしょう。

あなたは声者と唄者、どちらを目指していますか?

僕は島唄でも日本民謡でも、何か伝わってくるものがある唄はもしそれほど上手
じゃなくても聴きますし拍手を送りたくなります。





*奄美では10月の豪雨災害で大きな被害を受けており島が一丸となって復興に向けて頑張っています。ラジオでもお知らせさせていただきましたが今一番必要なのは義援金と声援です。
あまみエフエムでは義援金を募り、必要と思われる島内の各市町へ届けられます。
困った時はお互い様。あなたの善意を是非奄美へ。

振込口座はこちら。
http://amami1020.npo-d.org/gienkin.html




■□■□■□■□■□■□■□■□■
佐藤敏幸

生まれも育ちも栃木県の宇都宮。
音楽クリエイター
WARAKU ギタリスト
CRT 栃木放送で古田佳子と番組もやっています。

「古田佳子 和楽囃子が聴こえる」
毎週土曜  PM6:30〜7:00 再放送:毎週火曜 PM10:30〜11:00 
メイン周波数  1530kHz

「古田佳子 和楽囃子が聴こえる」PODCAST
http://crt-radio.blog.ocn.ne.jp/waraku/

こちらで WARAKUの音源聴けます。
http://www.myspace.com/warakuworld

*Twitter やってます。ぜひフォローしてください。
 http://twitter.com/coomail

■roots:TEL 028-622-9800 http://roots-web.net
 栃木県宇都宮市大曽2-7-40 
■佐藤敏幸ブログ http://ameblo.jp/sato-toshiyuki/
■e-mail coomail★nifty.com
     ★を@に変えてください。



posted by coo at 14:57| 栃木 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/173756781

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。